国土交通省/50年までに所有者不明土地 10万ヘクタール増と予測

4/10 日本農業新聞

50年まで10万ヘクタール増 担い手集積阻む 所有者不明農地で国交省が推計

http://www.agrinews.co.jp/modules/pico/index.php?content_id=36918

 

国土交通省の推計では、所有者の分からない農地が2050年までに約10万ヘクタール増加、全農地の2%に当たる見通しと報道。

固定資産税の徴収が困難、集約化への支障など様々な問題が発生、対策として3月に取りまとめたガイドラインの利用、16年にはモデル地域を選定し、対策に乗り出す自治体を支援する方針とのこと。