国土交通省/令和元年版土地白書

国土交通省は、6月21日、令和元年度土地白書を公表しました。

https://www.mlit.go.jp/report/press/totikensangyo02_hh_000129.html

三大都市圏では、地価が上昇基調、地方圏の地価も全用途平均・住宅地が 27 年ぶりに上昇、一方で空き地・空き家や所有者不明土地に関する問題の顕在化など社会経済情勢の変化に伴う土地政策も変化を述べています。

下記は令和元年度における土地に関する基本的施策です。

【令和元年度 土地に関する基本的施策】

1.10月の土地月刊において土地に関する基本理念の普及促進

2.土地に関する情報の整備(土地情報の体系的整備、国土調査の推進、国土に関する情報の整備等の推進)

3.地価動向等の敵なくな把握等

4.不動産市場の整備等

5.土地利用計画の整備・充実等

6.住宅対策等の推進

7.住宅対策等の推進

8.環境保全等の推進

9.東日本大震災と土地に関する復旧・復興施策